戸建て・マンション・オフィス・テナント・工場の電気・照明、電気設備工事にまつわる知っておきたい知識と情報を集めました

電球を交換する方法

電球交換

電球が切れた時、調子が悪い時など様々な理由で電球交換を行う必要性が出てきます。その場合、電球の口金や種類を確認したりサイズを計ったりと様々な方法で電球をスムーズに交換することが重要になります。電球を交換する時に何を確認すればいいのかご紹介します。

電球の口金の種類を確認する



電球一つといっても電球には様々な種類があります。口金は電球の根元にある金属部分のことで、差し込むタイプとねじ込むタイプの二種類があり、一般的に使われているのがねじ込むタイプの電球です。ハロゲンランプという一般的な電球と似たようなランプもあります。

口金の役割は非常に重要なもので、取り付けと電気を電球に送る役割を持ちます。差し込むタイプは奥まで差し込むだけで簡単ですが、ねじ込むタイプだとネジのように取り付けるので逆さまにしても落下してきません。また、奥まで差し込むことで電球が光を発するので光が発しない場合は奥まで差し込めていない可能性があります。ハロゲンランプには二つのタイプの他、ローボルトハロゲン、通常ハロゲンと二種類の口金があります。

電球の口金のサイズを確認する



電球を取り付けることで忘れてはならないのが、口金のサイズです。サイズが合わない電球を取りつけようとするとトラブルの元になるので注意が必要です。

代表的な口金のサイズとして挙げられるのがE26、E17であり、他にE14、E12、E11、Gu5.3があります。E26は直径が26mmあるということになるので、E26の電球が必要な場合に交換すると良いでしょう。このサイズは基本的に商品パッケージや口金部分に表示されています。Gu5.3は差し込みタイプに表示されているもので、ピンとピンの間が5.3mmあるということになります。電球選びや取り付けの際に困らない為にも、事前にどの口金のサイズが適しているのか確認する必要性があります。

口金のサイズがわからない場合は定規で測る



口金のサイズを確認することでスムーズに電球を購入することが出来ますが、まれに口金にサイズが表示されていない、見えにくい場合があります。どうしてもサイズが分からない場合、最終的に定規で計った方が良いでしょう。

口金のサイズはEと数字で表されているので分かりやすく、数字がそのまま直径となります。なので定規で計ることで直径が分かるようになります。指で計る方法もありますが、個人差があるので分かりにくい場合があります。

また、定規で計る時に電気が流れている状態の口金に触るのは非常に危険です。口金が熱を持っているので火傷の原因になる恐れがありますし、間違えて指で触ってしまうのもNGです。サイズを計る時は必ず電気が流れていない状態で行いましょう。

▸ この記事の続きを読む

prev 1 2

電気・照明・電気設備工事 早わかりジャーナルとは?

本サイトは、マンション・戸建て・オフィス・テナント・工場での電気工事や電気設備工事、また一般照明、特殊照明、LED照明等にまつわる、知っておくべき知識や常識、知っておくと得する知識や情報を集めています。電気や、電気工事、照明にまつわる多くの方の不安解消、さらに快適な暮らしを実現するために、ぜひご活用ください。

PAGE TOP