損しないためのLED電球正しい選び方

LED交換

LED電球は一般的な電球と違って省エネ効果が期待出来るものです。しかし、様々な種類があるのでどれを選べばいいのか迷うことがあるかもしれません。正しくLED電球を選ぶ為にはどのようにすればいいのか、その選び方をご紹介します。

サイズを間違えずに選ぶ



損をしないようにLED電球を選ぶ時のポイントの一つとして、口金のサイズが挙げられます。口金はソケット部分に差し込む金具の部分のことで、このサイズがソケット部分に合わないと電球が差し込めなくなります。

口金の中でも代表的なサイズはE17口金とE26口金です。他にもE11口金とE12口金がありますが、電球の根元の部分に口金のサイズが表示されています。しかし、口金の部分を確認してもサイズが表示されていなかったり見にくい場合があるので、その場合は口金部分の直径を計ることでサイズが分かります。一般的な電球のようにLED電球も同じ要領で間違いなく同じサイズの口金を選ぶことで失敗することなく電球を使うことが出来ます。

明るさや色は合うものを選ぶ



LED電球を選ぶ時には、部屋に合う明るさや色を考慮する必要性があります。

電球が出る明るさの単位はルーメンというもので、このルーメンの数値が上がるほど明るくなります。一般的な電球だとワットという数値なので、LED電球に替える時に明るさの目安を調べることが大切です。また、この明るさの目安は商品のパッケージにも記載されています。

LED電球には昼白色相当、昼光色相当、電球色相当といった3つの色のタイプがあります。昼白色相当は自然な明るさが特徴で、蛍光灯のような白い光を発します。昼光色相当は昼白色相当よりも少し青みがかっているのが特徴です。電球色相当は白熱電球に近い色で、暖かみのある光を発します。部屋によって色を決めておくのが良いでしょう。

使用する器具を選ぶ



必ずしもLED電球は全ての部屋に合うものではありません。きちんとそれぞれの器具に対応したLED電球を選ばないと破損や事故、寿命が短くなるといった様々なトラブルの要因となるので注意しなければなりません。

器具の種類には密閉型、調光機能がついた器具、断熱材施工器具というのがあります。密閉型は電球に覆いがついているので外から電球を見ることが出来ません。よって密閉型に対応した電球を選びましょう。調光機能は明るさが調節出来る器具なので調光器に対応しているものを選んだり、断熱材施工器具の場合は断熱材施工器具に対応している電球を選ばなければなりません。これらに該当しない器具なら一般的なLED電球でも問題ありません。

電気・照明・電気設備工事 早わかりジャーナルとは?

本サイトは、マンション・戸建て・オフィス・テナント・工場での電気工事や電気設備工事、また一般照明、特殊照明、LED照明等にまつわる、知っておくべき知識や常識、知っておくと得する知識や情報を集めています。電気や、電気工事、照明にまつわる多くの方の不安解消、さらに快適な暮らしを実現するために、ぜひご活用ください。

PAGE TOP